このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで


本文ここから

ぼん天菊と大菊三本立てキク作り教室

最終更新日:2017年3月26日

春の桜に対して、菊の花は秋の象徴として平安の昔から日本人に愛されてきました。
栽培種の改良が進んだのは江戸期に入ってからで、花型や仕立て方など、さまざまな工夫が行われ、今日に至っています。
この教室では、そんな中から「ぼん天菊」と「大菊三本立て」を選んで、秋に向けて栽培に取り組みます。

講師が基礎からご指導いたしますので、初心者のかたもお気軽にご参加ください。

大菊三本立ての写真

ぼん天菊:いろどり豊かな小輪の菊で、摘芯しなくても自然に芽止まりして分枝を繰り返し、半球状の姿形になります。日当たりと水はけのよい場所を好み、丈夫で育てやすく、葉が見えなくなるほどに多くの花が咲く品種です。
大菊三本立て:三段仕立て盆養ともいい、大菊の最も基本的な仕立て方です。一本の苗を摘芯して三本の枝を伸ばし、後の一輪を花の三分の二くらい高く、前の二輪は同じ高さに保ち、三つの花を同じ大きさに揃えて出来るだけ大輪に咲かせて、茎・葉を含めた全体が調和を保つように仕立てます。
 

教室の内容
回数 開催日 時間 内容
第1回 平成29年4月18日(火曜)

午後1時から
午後3時まで
(各回共通)

ぼん天菊の移植、菊の性質、
用具、土、薬品、液肥等

第2回 平成29年5月26日(金曜)

大菊三本立て菊の移植、ピンチについて、
消毒、水のやり方等

第3回 平成29年6月23日(金曜)

7・9号鉢に定植、三枝分け、
支柱の取り付けについて

第4回 平成29年7月7日(金曜)

ピンチと胴切り、肥料のやり方、散布、
ビーナインについて

第5回 平成29年8月18日(金曜)

肥料の追い込み、柳芽の立て替え、
つぼみの選び方

第6回 平成29年9月8日(金曜)

きれいに開花させる、乾燥肥料抜き

第7回 平成29年9月29日(金曜)

輪台のつけ方、高さ調整

第8回 平成29年11月17日(金曜) 今後の管理
  1. 対象 徳島市内にお住まい又は徳島市内に通勤、通学している人
  2. 回数 全8回
  3. 場所 とくしま植物園 緑の相談所
  4. 参加費 4,000円(8回分)
  5. 材料費 ぼん天菊1鉢あたり600円、大菊三本立て菊1鉢あたり1,600円程度が別途必要(ぼん天菊、大菊三本立て菊各6苗支給)
  6. 定員 20人(応募多数の場合は抽選)
  7. 講師 徳島菊友会
  8. 準備物 受講決定通知でお知らせします
  9. 締切日 平成29年3月25日(土曜)

締切日以降でも定員に満たない教室については、申し込みを受け付けます。開催日の1週間前までに、とくしま植物園緑の相談所(電話:088-636-3131)へ募集状況をお問い合わせのうえ、お申し込みください。

お問い合わせ

とくしま植物園 緑の相談所

〒771-4267 徳島市渋野町入道45-1

電話番号:088-636-3131

ファクス:088-636-3132

本文ここまで

サブナビゲーションここから

施設情報

よくあるご質問

情報がみつからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

ページの先頭へ
以下フッターです。

徳島市役所

〒770-8571 徳島県徳島市幸町2丁目5番地

電話:088-621-5111(代表) ファクス:088-654-2116

Copyright © Tokushima City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る