このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで


本文ここから

国際親善・姉妹都市

最終更新日:2016年4月1日

 徳島市では、市民のみなさん一人ひとりが国際的な視野を持つために、国外の3つの都市と姉妹・友好都市関係を結び、友好・親善の輪を広げています。

アメリカ合衆国サギノー市

 1961年(昭和36年)、徳島市が初めて姉妹都市提携を結びました。人口は約6万人。航空機、自動車部品工業などが盛んで、ゼネラルモータースの鋳物製造工場があります。
 サギノー市は、米北東部五大湖に囲まれるミシガン州の東中央部にあります。「サギノー」は「流れ出る」という意味を持つ先住民の言葉が語源といわれており、その名前の通り、サギノー川をはじめ4つの大きな川が合流しサギノー湾に流れています。

<提携のきっかけ>

 徳島からの全米派遣農業実習生がサギノー市滞在中に、現地のホストファミリーと親しくなり、帰国後も交流を続けるうち、姉妹都市提携の話が持ち上がりました。1961年(昭和36年)夏、ホストファミリーの友人がサギノー市長になったことをきっかけにさらに具体化し、同年12月23日徳島市議会で可決されました。
 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。<サギノー市HP(http://www.saginaw-mi.com/)へ>(外部サイト)

ポルトガルレイリア市

 1969年(昭和44年)に姉妹都市を提携しました。人口は約12万人。ガラス工業、陶器製造などが主な産業です。
 ポルトガルの首都リスボンから北西へ約150km、大西洋に注ぐリス川のほとりにある地方都市です。街を臨む高台に中世の壮麗なレイリア城がたたずみ、レンガ色の屋根と白い壁の家々、その間をかけめぐる石畳の坂道など、歴史的な面影を残した魅力的な街並みが広がっています。

<提携のきっかけ>

 駐日ポルトガル大使の世話により、徳島市でその生涯を終えた文人モラエスがきっかけとなり、レイリア市からの提携申し出があり、1969年(昭和44年)9月15日認定書を受領し、同年10月15日徳島市議会で可決されました。
 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。<レイリア市HP(http://www.cm-leiria.pt/)へ>(外部サイト)

中国丹東市

 1991年(平成3年)に友好都市を締結しました。市内区人口は約70万人。中心部の錦江山公園や鴨緑江公園、鳳凰山などが観光名所として有名です。産業面では、紡績、軽工業が盛んです。
 遼寧省の東南部、鴨緑江の河口に位置し、川を隔てて朝鮮民主主義人民共和国に隣接しています。
 軽工業、紡績工業、電子工業、観光、港湾などが総合的に発達した沿海開放都市です。中国一の生産を誇るシルクや、葉タバコ、クルマエビ、クリなどの特産物があります。
 また、森林面積が61%を占め、木材、鉱山物などの豊富な資源を供給しているほか、多くの景勝地、自然保護区、国立公園などがあります。

<提携のきっかけ>

 中国大使、日中友好協会などの推薦により、1987年(昭和62年)8月に徳島市長一行が丹東市を友好訪問しました。その後、両市間で相互的に友好交流を進めるうちに提携の機運が高まり、1990年(平成2年)6月、丹東市は本市との友好都市提携について国務院の承認を得、1991年(平成3年)3月19日に徳島市議会で可決されました。
 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。<丹東市HP(http://www.dandong.gov.cn/)へ>(外部サイト)

 

この内容に対する連絡先

総務課国際交流担当
 電話:088-621-5017
 FAX:088-654-2116

お問い合わせ

総務課

〒770-8571 徳島県徳島市幸町2丁目5番地(本館6階)

電話番号:088-621-5021

ファクス:088-654-2116

担当課にメールを送る

本文ここまで


ページの先頭へ
以下フッターです。

徳島市役所

〒770-8571 徳島県徳島市幸町2丁目5番地

電話:088-621-5111(代表) ファクス:088-654-2116

Copyright © Tokushima City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る