このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで


本文ここから

市街地再開発事業

市街地再開発事業とは

 都市再開発法に基づき、老朽化が著しい市街地において、細分化された敷地の統合、不燃化された共同建築物の建築、公園、広場、街路等の公共施設の整備等を行うことにより、再び新しい時代に合うようにつくり直し、安全で快適なまちに再生する事業です。

1 徳島駅前西地区第一種市街地再開発事業

 徳島駅前は、県都けんとの表玄関であるとともに、一大交通ターミナルを形成しており、中心市街地のシンボルゾーンでもあります。
 昭和55年当時、駅前西地区の建築物は、小売物品販売のほか、証券、生命保険会社などの業務、娯楽施設、公共公益施設などに利用されていましたが、老朽建築物、木造建築物が多く約80パーセントを占めていた状況の中、当時の関係権利者により、徳島駅前西地区とくしまえきまえにしちく市街地再開発組合が設立されました。
 この組合により当該再開発事業が行われ、現在の「そごう」をはじめとする各テナントが入っている新ビル建設などの新しいまちづくりが行われました。
 本市は、当該再開発事業を支援し、昭和60年12月に事業が完了しました。

2 新町西地区第一種市街地再開発事業

 新町西地区は、JR徳島駅から約500mと至近距離にあり、同駅から眉山や阿波おどり会館を結ぶシンボルゾーンに面し、当市の中心市街地の中核を成している地区です。
 しかしながら、郊外への大規模集客施設の進出や消費動向の変化などにより、中心市街地の空洞化が進行しており、「県都の顔けんとのかお」である中心市街地を再生させることが急務となっています。
 このような中、当該地区の再生とにぎわいの創出を目指し、また、老朽化した文化センターに替わる新ホールを一体的に整備するため、関係権利者による新町西地区市街地再開発組合が設立され、組合施行による再開発事業が進められてきました。
 本市は、これまで当該再開発事業を支援していましたが、平成28年4月に保留床ほりゅうしょうであるホールは買い取らず、現事業計画からは撤退する方針としました。

事業の経過

  • 平成23年6月  新町西地区市街地再開発準備組合設立
  • 平成24年11月 都市計画決定 
  • 平成26年9月  新町西地区市街地再開発組合設立

平成24年 都市計画決定計画区域図

平成24年 都市計画決定計画区域図

お問い合わせ先

徳島市 都市整備部 まちづくり推進総室まちづくりすいしんそうしつ まちづくり推進課
電話:088-621-5269
ファクス:088-621-5273
メール:machidukuri@city.tokushima.lg.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

まちづくり・計画

施設情報

よくあるご質問

情報がみつからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

ページの先頭へ
以下フッターです。

徳島市役所

〒770-8571 徳島県徳島市幸町2丁目5番地

電話:088-621-5111(代表) ファクス:088-654-2116

Copyright © Tokushima City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る