このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで


本文ここから

平成27年度景観まちづくりセミナー「まちの個性と景観」

最終更新日:2016年4月1日

 徳島市では、市民の皆さんと景観やまちづくりに関する意識の共有を図り、協働で良好な景観形成を推進するため、公益社団法人徳島県建築士会とともに「景観まちづくりセミナー」を次のとおり開催しました。

1 日時

  平成27年11月7日(土曜) 午後1時30分から午後4時30分

2 場所

  徳島県建設センター 6階会議室(徳島市富田浜2丁目10番地)

3 参加者

  62名

4 セミナー内容

講演「まちの個性と景観」
      講師 京都大学大学院教授  門内 輝行 氏(博士(工学)、一級建築士)

パネルディスカッション「まちの個性を演出する建築物とは?」
      コーディネーター M-style設計室  島田 めぐみ 氏

      アドバイザー   京都大学大学院教授  門内 輝行 氏

      パネリスト    公益社団法人徳島県建築士会 副会長  矢部 洋二郎 氏

      パネリスト    一般社団法人徳島青年会議所 委員長  近藤 洋祐 氏

      パネリスト    徳島スダチボーイズ   長谷川 友紀 氏

      パネリスト    特定非営利活動法人マチトソラ  横山 篤志 氏

      パネリスト    公益社団法人徳島県建築士会 青年委員会  後藤 和典 氏

概要
 京都大学大学院教授の門内輝行氏に「まちの個性と景観」と題して、ご講演をいただきました。講演は、景観の概念を説明後、景観問題や景観政策、コミュニティによる景観まちづくりの実践等について各地の事例を交えてお話ししていただいたあと、今後の景観まちづくりの展望についてのご見解を述べられました。また、景観に問われているのは、都市の文化的水準であり、美しい景観ができているというまちは、コミュニティがしっかりしていることから、景観づくりを通して、まちづくり、コミュニティづくりまでいかないと本当の意味での景観はできないとのご提言をいただきました。
 続いて行われたパネルディスカッションでは、様々な分野でご活躍の方をお招きし、「まちの個性を演出する建築物とは?」というテーマで、ソフト・ハード両面におけるまちづくりについて、活発な意見交換が行われました。

この内容についての問い合わせ先

都市政策課 計画景観担当
 電話:088-621-5493
 電話:088-621-5249
 FAX:088-621-5273

お問い合わせ

都市政策課 

〒770-8571 徳島県徳島市幸町2丁目5番地(本館4階)

電話番号:088-621-5265

ファクス:088-621-5273

担当課にメールを送る

本文ここまで


ページの先頭へ
以下フッターです。

徳島市役所

〒770-8571 徳島県徳島市幸町2丁目5番地

電話:088-621-5111(代表) ファクス:088-654-2116

Copyright © Tokushima City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る