このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで


本文ここから

男女共同参画啓発事業「フェスティバルあい」

最終更新日:2020年10月12日

 より多くの市民の方々に男女共同参画社会づくりに関心を持っていただけるよう、イベントを開催しています。

意識啓発のための男女共同参画イベント「フェスティバルあい」

  「フェスティバルあい」とは、男女共同参画プラン・とくしまの基本理念である「だれもが人として心豊かに生きることができる男女共同参画社会の創造」を目指して実施する啓発イベントです。平成2(1990)年の開催から今年30周年を迎えました。
  令和2年度は「新しい生活様式をともに生きる ‐多様な生き方 今こそ認めあおう 支えあおう‐」をテーマに30周年記念企画の展示と、多彩な内容のミニイベントを開催します。

フェスティバルあい30周年記念企画(展示)

展示場所 
シビックセンター 市民ギャラリー (アミコビル3階) 

展示期間
令和2年11月7日(土曜)~令和2年11月20日(金曜) 
各日午前9時から午後9時まで
ただし、11月7日(初日)は午前10時から午後9時まで、11月20日(最終日)は午前9時から午後5時まで。


展示内容

◎フェスティバルあい30年のあゆみ
今年30周年を迎えた「フェスティバルあい」でこれまでに行った数々の講演やイベントについて、写真と年表で振り返ります。

◎女性センター登録団体および活動内容紹介
男女共同参画社会づくりの活動を行っている徳島市女性センター登録団体の活動内容について、各団体がパネル展示により紹介を行います。

特別企画 

 今年度の特別企画として、DV(ドメスティック・バイオレンス)被害者の方に対する支援活動や暴力根絶に向けた啓発展示を行います。

◎DV被害者への支援物資提供、募集
 支援物資は11月30日まで女性センターと市役所本庁舎6階総務課で受け付けています。後日女性センター登録のDV被害者支援団体等を通じ、DV被害から逃れた方に提供させていただくことで、新しい生活の支援につなげます。詳しくは下記リンク「DV被害者への支援物資をご提供ください」よりご確認ください。
 ご提供にご協力いただけますよう、よろしくお願いいたします。

◎パープルリボンメッセージ展示
 内閣府による「女性に対する暴力をなくす運動」の実施期間(11月12日から11月25日)中に、事前に公募で寄せられた暴力に対する根絶に向けたメッセージについて、パネル展示で紹介します。10月末までメッセージの受付も電子申請サービスやメールで行っています。詳しくは下記リンク「パープルリボンメッセージを募集します」をご確認ください。

ご来場の際には新型コロナウィルス感染症対策にご協力をお願いします

(1)当日体調のすぐれない方は来場をお控えください。
(2)マスクの着用、会場に設置のアルコール消毒剤での手指消毒にご協力ください。
(3)ほかの来場者の方と1メートルから2メートル程度距離を確保してください。
(4)展示物には手を触れないようにお願いいたします。

ミニイベント

 女性センター登録団体のうち15団体が参加し、令和2年11月1日から11月29日の間に10のミニイベントを実施します。詳しくは、2020フェスティバルあいミニイベント一覧をご確認ください。
 開催にあたり、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、一部イベントは「事前申込制」、「マスク着用、手指消毒へのご協力のお願い」、「健康チェック票記入、提出のお願い」等の対策を行います。ご参加くださる皆さまのご協力をよろしくお願いいたします。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない人は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

女性センター

〒770-0834 徳島県徳島市元町1丁目24番地アミコビル4階

電話番号:088-624-2611

ファクス:088-624-2612

担当課にメールを送る

本文ここまで


ページの先頭へ
以下フッターです。

徳島市役所

〒770-8571 徳島県徳島市幸町2丁目5番地

電話:088-621-5111(代表) ファクス:088-654-2116

開庁時間:午前8時30分から午後5時まで(土曜・日曜・祝日・12月29日から翌年の1月3日までを除く)

注記:施設・部署によっては異なる場合があります。

Copyright © Tokushima City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る