このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで


本文ここから

第104回徳島市都市計画審議会会議録概要

最終更新日:2016年3月14日

 徳島市都市計画審議会公開細則第11条の規定に基づき、会議録を公表します。

会議録概要

会議名


第104回徳島市都市計画審議会


開催日時


平成23年3月22日(火曜)午前10時から正午


開催場所


徳島市役所南館4階 第二委員会室


議題


第219号 徳島東部都市計画道路の変更について(徳島県決定)

第220号 徳島東部都市計画道路の変更について(徳島市決定)

第221号 産業廃棄物処理施設の用途に供する建築物の敷地の位置について(建築基準法第51条に関する件)


会議の公開区分


■公開  □一部公開  □非公開


(非公開理由)


出席委員


近藤(宏)会長、近藤(光)副会長、田中委員、多田(敏)委員、隅倉委員、須見委員、塀本委員、梶原委員、岡委員、森岡委員(代理:上林氏)、澳津委員、山口委員、島田委員


傍聴者


9人(定員10人:欠席1人:申込14人)


事務局


都市整備部まちづくり推進総室都市政策課 電話:088-621-5265

会議概要及び会議結果

議第219号及び議第220号の議題について協議を行った。

事務局から第219号及び第220号について説明。


(隅倉委員)

 JR高徳線の高架側道が整備されたことが、佐古春日線の廃止理由の一つであるが、高架側道から堤防を結ぶ現道の拡幅は考えているのか。

 また、南庄南佐古線を廃止した場合には、国道192号線の渋滞緩和対策として徳島大学病院の南側市道の改良工事が必要となると考えるが、どうか。


(事務局・幹事)

 都市計画路線を廃止した場合の対策として、現在、市道の拡幅等の整備は考えていないが、今後検討するよう審議会から提案があったことを道路整備担当課に伝える。


(結果) 議第219号賛成多数により原案のとおり決定

     議第220号全員賛成により原案のとおり決定


議第221号の議題について協議を行った。

事務局から議案第221号について説明。


(隅倉委員)

 農業が盛んな地域の農地の中での建築であり、所有者の同意が不十分とのことだが。


(島田委員)

 産業廃棄物処理施設予定地の周辺が農地であるため、施設からの排水、粉じん等の営農への影響について、地域の人に説明が十分に行われたのか。


(塀本委員)

 計画では、コンクリート等の破砕作業を露天で行うことになっているが、特に騒音対策から屋内で作業するよう指導はしていないのか。


(事務局)

 周辺住民、耕作地等所有者の方には説明会を2回開催し、出席されなかった方には個別訪問で説明を行っている。

 粉じんについては、徳島県生活環境保全条例及び大気汚染防止法に規定する施設設置基準に基づき、散水施設を設置する計画である。

 屋内での破砕作業については、申請者に検討する旨伝えたが、困難であるとの回答であった。

 騒音については、敷地外周部に3.4メートルのコンクリートの擁壁を設置することにより、周辺への影響はないものと考えている。

 排水については、河川等の管理者と協議を行い、問題がないことを確認している。

 申請者に対し、「排水、粉じん、騒音等で住民の方々に迷惑をかけないよう最大限に努力すること」の意見をつける。


(結果) 賛成多数により原案のとおり決定                                                                                         
                                                                   


この内容についての問い合わせ先

都市政策課 庶務担当
 電話:088-621-5265
 FAX:088-621-5273 

お問い合わせ

都市政策課 

〒770-8571 徳島県徳島市幸町2丁目5番地(本館4階)

電話番号:088-621-5265

ファクス:088-621-5273

担当課にメールを送る

本文ここまで


ページの先頭へ
以下フッターです。

徳島市役所

〒770-8571 徳島県徳島市幸町2丁目5番地

電話:088-621-5111(代表) ファクス:088-654-2116

開庁時間:午前8時30分から午後5時まで(土曜・日曜・祝日・12月29日から翌年の1月3日までを除く)

注記:施設・部署によっては異なる場合があります。

Copyright © Tokushima City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る