このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで


本文ここから

かわうち阿波十郎兵衛地区、八万・上八万地区

最終更新日:2016年4月1日

(1) 事業の目的

 都市再生整備計画事業(従来のまちづくり交付金)は、市町村が作成した都市再生整備計画(都市の再生を目的とする計画)に基づき実施される事業のことです。市町村が地域の歴史・文化・自然環境等の特性を活かした地域主導の個性あふれるまちづくりを実施し、全国の都市の再生を効率的に推進することにより、地域住民の生活の質の向上と地域経済・社会の活性化を図ることを目的としています。
 ※注 平成22年度より、まちづくり交付金は社会資本整備総合交付金に統合され、社会資本整備総合交付金の基幹事業である「都市再生整備計画事業」として位置づけれられています。

(2) 事業の流れ

 都市再生整備計画事業の流れは〔図1〕のようになります。

〔図1〕都市再生整備計画事業の流れ

〔図1〕都市再生整備計画事業の流れの画像

Plan(事前)

 特定のエリアについて、まちづくりの目標とその達成状況を評価する指標を設定するとともに、その目標を達成するために実施する各種事業を記載した都市再生整備計画を作成し、国へ提出します。

Do(実施)

 都市再生整備計画に記載された事業を実施します。

Check(事後)

 事後評価では、交付期間が終了した時点で交付金の効果がどの程度現れているのかを把握し、都市再生整備計画に記載したまちづくりの目標について、達成状況を検証します。具体的には、事業の実施状況、数値目標の達成状況、数値目標以外の発現効果について評価を行います(〔図2〕を参照)。

Action(改善)

 まちづくり交付金では、交付期間終了後においても交付金の効果の持続を図るため、今後のまちづくりの方策を検討します。

〔図2〕事後評価について

〔図2〕事後評価についての画像

(3) 事業の特徴

市町村の自主性・裁量性の大幅な向上

 従来の補助制度のように対象施設を限定するのではなく、市町村の提案に基づく事業等についても支援対象とできます(図3参照)。

事後評価の導入

 市町村は、交付期間終了年度に都市再生整備計画に記載した目標の達成状況の事後評価を実施し、その結果について公表します。

〔図3〕都市再生整備計画事業(イメージ)

〔図3〕都市再生整備計画事業(イメージ)の画像

(4) リンク

 他の市町村の実施状況や、まちづくりに関する詳しい内容は、こちらからご覧いただけます。
 1. 国土交通省ホームページ

 2. まちづくり情報交流システム(まち交ネット)

(5) 根拠法令等

 都市再生整備計画事業は、以下の法令等に定められています。
 1. 都市再生特別措置法
 2. 都市再生特別措置法施行令
 3. 都市再生特別措置法施行規則

(6) 徳島市の計画作成状況

 徳島市ではまちづくりを推進するにあたり、都市再生特別措置法(第46条第1項)にもとづき「徳島駅南北地区」の都市再生整備計画を平成17年3月に、「住吉・城東地区」、「昭和・津田地区」、「かわうち阿波十郎兵衛地区」を平成18年3月に、「八万・上八万地区」を平成19年3月に作成しましたので、その内容を公表します(同法第46条第10項の規定による)。
 現在、まちづくり交付金を活用しながら、都市再生整備計画に記載された事業を実施しています。

5つの都市再生計画地区の説明図

(7) かわうち阿波十郎兵衛地区

【まちづくりの目標】

 都市と田園が調和する、快適で潤いあるまちづくり

 四国横断自動車道 鳴門JCTから徳島IC間の整備進展に伴い、周辺対策事業として、側道や周辺道路・水路及び集会所を整備します。「都市と田園が調和する、快適で潤いあるまちづくり」を目標に掲げ、広域高速交通ネットワークの形成や環状道路網の整備促進による地域の振興等を図ります。

【整備事例】

 整備が完了した事業について紹介します(一部)。

平石・米津線

住吉3号水路

米津地区集会所

詳しい内容は、こちらからご覧いただけます。>>> ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。都市再生整備計画[第9回変更](PDF形式:771KB)

(8) 八万・上八万地区

【まちづくりの目標】

 豊かな自然と共存する安全で安心して暮らせるまちづくり

 徳島南環状道路の整備促進と、その周辺対策事業として、側道や周辺道路・水路及び排水施設等を整備します。この地区については、台風等による浸水対策及び徳島市中心部へのアクセスの改善、交通渋滞の緩和が重要な課題となっていることから、「水害に強いまちづくり」と「環境に配慮した広域高速交通ネットワークの形成」を目標としたまちづくりを行います。

【整備事例】

 整備が完了した事業について紹介します(一部)。

橋本南11号線

川北1号水路

犬山地区排水施設

 詳しい内容は、こちらからご覧いただけます。>>> ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。都市再生整備計画[第5回変更](PDF形式:1,838KB)

(9) 事後評価

 事後評価は、交付期間が終了した時点またはその翌年度に交付金の効果がどの程度現れているのかを把握し、都市再生整備計画に記載したまちづくりの目標について達成状況を検証します。具体的には、事業の実施状況、数値目標の達成状況、数値目標以外の発現効果について評価を行い、交付金がもたらした成果等を客観的に診断して、今後のまちづくり方策を適切な方向に導くことを目的としています。
 事後評価の流れは、事後評価原案の公表とアンケート調査を行った後に、「都市再生整備計画事業事後評価委員会(学識経験のある有識者を含む第三者で構成)」を開催し、事後評価結果を公表します。
 都市再生整備計画事業事後評価委員会では、市民等より寄せられた意見もふまえ、これまでに行ってきたまちづくりの効果の検証と今後のまちづくり方策について審議します。

(10) フォローアップ

 フォローアップは、事後評価の数値目標の達成状況を「見込み」、今後のまちづくり方策を「改善策が必要」と評価した場合に、原則として交付期間終了の翌年度にその確定値の計測、再評価・検討等を行い、フォローアップ結果を公表します。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない人は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

広域道整備課 

〒770-8571 徳島県徳島市幸町2丁目5番地(本館4階)

電話番号:088-621-5290

ファクス:088-621-5273

担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

まちづくり交付金

  • かわうち阿波十郎兵衛地区、八万・上八万地区

施設情報

よくあるご質問

情報がみつからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

ページの先頭へ
以下フッターです。

徳島市役所

〒770-8571 徳島県徳島市幸町2丁目5番地

電話:088-621-5111(代表) ファクス:088-654-2116

Copyright © Tokushima City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る