このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで


本文ここから

徳島市役所へのEV導入と実証実験に係る連携協定を締結しました

最終更新日:2022年6月21日

徳島市と三菱自動車工業株式会社、四国電力株式会社及び四電ビジネス株式会社は、徳島市役所へのEV導入と実証実験の取組について、令和4年6月20日に連携協定を締結しました。


連結協定締結式の様子(令和4年6月20日)

写真左から
三菱自動車工業株式会社 総務・コミュニケーション・サステナビリティ本部長 若林陽介氏
内藤市長
四国電力株式会社 執行役員徳島支店長 越智浩氏
四電ビジネス株式会社 代表取締役社長 谷澤祐一氏

1 協定の目的

 徳島市と三菱自動車工業株式会社、四国電力株式会社及び四電ビジネス株式会社が、相互に連携し、EVを活用した環境に優しく、災害に強い持続的なまちづくりを推進し、カーボンニュートラル社会の実現とSDGs達成に向けた取組の更なる強化を図ることを目的とします。

2 連携事業の概要

・三菱自動車工業株式会社(以下「三菱自動車」)は、同社の軽商用EV「ミニキャブ・ミーブ」2台を四電ビジネス株式会社(以下「四電ビジネス」)に提供し、徳島市から走行距離や走行時間、電費(消費電力量)などのデータを取得・分析することで、公用車市場を視野に入れた今後のEV開発に役立てていきます。
・四電ビジネスは、三菱自動車から提供を受けた2台のEVを、メンテナンスサービスを付加して、徳島市にリース提供します。
・四国電力株式会社(以下「四国電力」)は、普通充電器2台を徳島市に提供し、詳細な充電データを取得・分析することで、現在商用化を検討しているEV充電サービスの展開に活用します。また、充電器で使用する電気は、CO2フリー電気としています。
・徳島市は、平時は2台のEVを公用車として活用し、CO2排出量の削減効果や充電設備などの使い勝手等を検証しつつ、将来の導入拡大に向けた検討を進めます。また、非常時(停電時)には、避難所等での電源として活用します。
・徳島市、三菱自動車、四国電力及び四電ビジネスは、今回の取り組みを機に相互に協力し、EVを活用した環境に優しく、災害に強い持続的なまちづくりを推進し、カーボンニュートラル社会の実現とSDGs達成に向けた取組を更に強化していきます。

(実証スキーム)

お問い合わせ

財産管理活用課

〒770-8571 徳島県徳島市幸町2丁目5番地(本館7階)

電話番号:088-621-5051・5052・5328

ファクス:088-623-1008

担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

まちづくり・計画

このページを見ている人はこんなページも見ています

施設情報

よくあるご質問

情報がみつからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

ページの先頭へ
以下フッターです。

徳島市役所

〒770-8571 徳島県徳島市幸町2丁目5番地

電話:088-621-5111(代表) ファクス:088-654-2116

開庁時間:午前8時30分から午後5時まで(土曜・日曜・祝日・12月29日から翌年の1月3日までを除く)

注記:施設・部署によっては異なる場合があります。

Copyright © Tokushima City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る