このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで


本文ここから

野沢菜と紫黒古代米の押し鮨

最終更新日:2016年1月28日

材料(3本分)

  • 野沢菜の漬物のざわなのつけもの 200グラム
  • 紫黒古代米しこくこだいまい 20グラム
  • 白米A 130グラム(古代米こだいまいと合わせて1合)
  • 白米B 150グラム(1合)
  • 合わせ酢あわせず(酢80cc、砂糖90グラム、粗塩あらじお25グラムを合わせて火にかけ沸かさないように溶かす)

作り方

  1. 紫黒古代米しこくこだいまいは前日からひたひたの水に浸け置く(水は捨てない)。
  2. 1と白米Aを混ぜて炊く。
  3. 2をすしおけに移し、合わせ酢35~40ccを振りかけすばやく切るように混ぜながらほぐす。5分したらしゃもじでひっくり返しながらほぐす。
  4. 白米Bは30分ほど吸水させてから炊き、3と同様にすし飯を作る。
  5. 野沢菜のざわなの漬物をバッテラ箱の内寸に合わせてカットし水気を切り、箱の底に茎と葉をバランスよく敷き並べる。
  6. 3を箱の2分の3まで詰め、上に4を詰めて押しふたで軽く押し仕上げる。
  7. 箱から抜き取り、6貫に切る。

野沢菜のざわなについての食材メモ

長野県名産の漬物として加工される野沢菜のざわなですが、長野県では冬場の栽培が難しいため、実はこの時期の野沢菜のざわなのほとんどは徳島市など県内の農家で作られています。野沢菜のざわなには、風邪やがんの予防に効果があるといわれるビタミンAやビタミンCのほか、骨を丈夫に保つ働きのあるビタミンK、葉酸ようさんなどが豊富に含まれています。


押し鮨の写真(写真はレンコンの押し鮨です)

お問い合わせ

農林水産課 

〒770-8571 徳島県徳島市幸町2丁目5番地(本館3階)

電話番号:088-621-5245・5246・5252

ファクス:088-621-5196

担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

施設情報

よくあるご質問

情報がみつからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

ページの先頭へ
以下フッターです。

徳島市役所

〒770-8571 徳島県徳島市幸町2丁目5番地

電話:088-621-5111(代表) ファクス:088-654-2116

開庁時間:午前8時30分から午後5時まで(土曜・日曜・祝日・12月29日から翌年の1月3日までを除く)

注記:施設・部署によっては異なる場合があります。

Copyright © Tokushima City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る