このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで


本文ここから

マダニが媒介する感染症への注意

最終更新日:2018年5月22日

農作業中のマダニが媒介する感染症への注意について

毎年、春から秋にかけてマダニが媒介する感染症、SFTS(重症熱性血小板減少症候群)の発症が増えてきます。
SFTSに感染すると、6日から2週間の潜伏期間の後、発熱、消化器症状(食欲低下、嘔気、嘔吐、下痢、腹痛)を引き起こし、重症化すれば死亡することもあります。

感染経路は

SFTSウイルスを保有しているマダニに刺されることにより感染します。すべてのマダニが病原体を保有しているわけではありませんが、発症すると重症化することもあります。
この病気を媒介するマダニは、家ダニなどとは違う種類で、体長10mmほどで野山に生息しています。

予防方法は

マダニに刺されないために、草むらや山など、ダニが生息する場所に行く場合には、長袖、長ズボン、長靴、手袋、首にタオルを巻くなど、肌の露出をできるだけ少なくすることが大切です。虫よけスプレー等もあわせて使用すると効果的です。
屋外活動後は入浴し、マダニが付着していないか注意深く全身チェックしましょう。

マダニに刺されたときには

マダニの多くは、皮膚にしっかりと口器を突き刺しているため、無理に引き抜こうとせず、必ず医療機関で処置してもらってください。
刺された後1週間から2週間ほどは、発熱、嘔気、下痢などに注意し、症状があれば直ちに医療機関を受診してください。

関連リンク

お問い合わせ

徳島市役所 農林水産課 産地づくり係

〒770-8571
徳島市幸町2丁目5番地(本館3階)

電話番号:088-621-5252・5248

ファクス:088-621-5196

本文ここまで

サブナビゲーションここから

施設情報

よくあるご質問

情報がみつからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

ページの先頭へ
以下フッターです。

徳島市役所

〒770-8571 徳島県徳島市幸町2丁目5番地

電話:088-621-5111(代表) ファクス:088-654-2116

開庁時間:午前8時30分から午後5時まで(土曜・日曜・祝日・12月29日から翌年の1月3日までを除く)

注記:施設・部署によっては異なる場合があります。

Copyright © Tokushima City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る