このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで


本文ここから

無人航空機を利用した農薬等の空中散布による事故に注意しましよう

最終更新日:2018年6月28日

無人航空機利用における安全対策の徹底

無人航空機を利用した農薬等の散布については、作業の効率化など大きなメリットもありますが、使用法を誤れば周囲へ危険を及ぼすこともあります。
使用に当たっては、次のポイントに特に注意し、安全対策を徹底してください。

架線等への接触の防止

事前確認の徹底

オペレーターおよびナビゲーターは、空中散布の実施前には必ず共同で危険箇所、実施除外区域、飛行経路、オペレーターとナビゲーターの移動経路を示した地図を基に実地確認を実施し、実施区域とその周辺の状況把握を確実に行うよう徹底してください。

オペレーター、ナビゲーター間の連絡体制の強化

空中散布の実施中において、ナビゲーターは迅速かつ正確に障害物等に関する情報をオペレーターに伝達してください。また、オペレーターはナビゲーターからの指示を必ず確認し、操作してください。

適切な飛行方法での飛行

架線付近での飛行など、危険な飛行は行わないでください。また、隣接していないほ場や、飛行経路上に家屋、架線等があるほ場へ移動させる場合は、機体を着陸させ、陸上で運搬してください。

農薬飛散の防止

空中散布の実施前には、実施区域及びその周辺にある学校、病院等の公共施設、居住者等に対し、実施予定日時、区域、薬剤の内容等について周知を行ってください。また、実施中は実施区域内及び周辺に人が立ち入らないよう常に注意してください。

小型の無人航空機を用いた空中散布にかかる安全対策について

小型の無人航空機を用いた空中散布は、機体の特性を考慮し、適切に実施してください。

  • 空中散布の実施は、桐生の安定した時間帯に風速3メートル毎秒以下の場合に行う。
  • 飛行させるための下降気流が小さく風の影響を受けやすいため、風向きを考慮し周辺に農薬が飛散しないよう十分注意すること。
  • 農作物に近い高度を飛行することから、空中散布の均一性を確保するため、厳格な飛行速度、飛行間隔、飛行高度の保持に努めること。
  • 使用する電波(2.4ギガヘルツ)の特徴により、地上デジタル放送電波や、携帯基地局電波などの干渉を受けやすいことに十分注意する。

農薬の空中散布による蜜蜂被害を防止するための情報の提供

空中散布の実施による蜜蜂被害の発生を防止するため、空中散布事業計画書の情報を適切に整理し、養蜂家へ必要な情報を提供してください。

お問い合わせ

農林水産課 

〒770-8571 徳島県徳島市幸町2丁目5番地(本館3階)

電話番号:088-621-5245・5246・5252

ファクス:088-621-5196

担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

施設情報

よくあるご質問

情報がみつからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

ページの先頭へ
以下フッターです。

徳島市役所

〒770-8571 徳島県徳島市幸町2丁目5番地

電話:088-621-5111(代表) ファクス:088-654-2116

開庁時間:午前8時30分から午後5時まで(土曜・日曜・祝日・12月29日から翌年の1月3日までを除く)

注記:施設・部署によっては異なる場合があります。

Copyright © Tokushima City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る