このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで


本文ここから

住宅宿泊事業(民泊)を行う方へ~水質汚濁防止法の届出について~

最終更新日:2018年4月25日

 住宅宿泊事業法に規定する住宅宿泊事業者(民泊事業者)が「ちゅう房施設、洗濯施設、入浴施設」を設置する場合は、水質汚濁防止法に基づく届出や排水量によっては瀬戸内海環境保全特別措置法に基づく許可が必要になります。届出等の対象となるのは、公共用水域(注)に排水を出す事業場のみで、公共下水道へ接続する事業場については届出等の必要はありません。
(注)公共用水域とは?
 河川、海域、その他公共の用に供される水域及びこれに接続する公共溝渠、かんがい用水路その他公共の用に供される水路のことです。

1 対象となる施設

対象となる施設
施設 詳細
ちゅう房施設 調理用の設備、器具が配置され、その施設内において調理が行われる施設のことです。一般家庭の台所にある「流し」も該当します。
洗濯施設 洗濯機、脱水機等が設置され、その施設内において専ら洗濯が行われる施設のことです。
入浴施設 浴槽を設け、人を入浴させる施設のことです。浴槽のないシャワーは該当しません。

2 手続きの時期

手続きの時期
住宅宿泊事業法に基づく届出の提出時期 水濁法による手続き

瀬戸法による手続き
(日最大排水量が50立法メートルを超える場合)

平成30年6月14日以前 平成30年6月15日から平成30年7月15日までの間に水濁法第6条1項の特定施設使用届出 平成30年6月15日から平成30年7月15日までの間に瀬戸法第7条第2項の特定施設使用届出
平成30年6月15日以降 民泊営業開始の60日以上前までに水濁法第5条1項の特定施設設置届出 民泊営業開始前に瀬戸法第5条第1項の特定施設設置許可申請

届出等を提出される場合、事前に必ず下記連絡先までご連絡ください。特に規模の大きな施設(日最大排水量50立法メートルを超える場合)では、瀬戸内海環境保全特別措置法の設置許可申請等が必要です。許可手続きは複雑で時間もかかります。詳細について早めにご相談をお願いします。

3 届出様式

水質汚濁防止法

瀬戸内海環境保全特別措置法

お問い合わせ

環境保全課 

〒770-8571 徳島県徳島市幸町2丁目5番地(本館10階)

電話番号:088-621-5213

ファクス:088-621-5210

担当課にメールを送る

本文ここまで


ページの先頭へ
以下フッターです。

徳島市役所

〒770-8571 徳島県徳島市幸町2丁目5番地

電話:088-621-5111(代表) ファクス:088-654-2116

開庁時間:午前8時30分から午後5時まで(土曜・日曜・祝日・12月29日から翌年の1月3日までを除く)

注記:施設・部署によっては異なる場合があります。

Copyright © Tokushima City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る