このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで


本文ここから

第3子以降園児保育料負担軽減補助

最終更新日:2017年4月1日

 徳島市に住所を有する、第3子以降園児の保育料及び入園料について、補助を行うことにより、保護者の経済的負担を軽減する制度で、通園している幼稚園により内容が異なります。

私立幼稚園に通園している場合

制度内容

 同一の保護者が現に養育している3人以上の児童(18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある者)のうち、その出生の順位が第3位以降となる幼稚園児の保育料及び入園料について、308,000円を限度に補助します。
 ただし、私立幼稚園の就園奨励費による補助制度を優先し、同制度で補助対象となる者の中では、補助額が308,000円を下回る者に限り、その差額分を本制度から補助します。
 備考1:途中入園及び途中退園や市外転出等の理由により、補助対象期間が1年間に満たない場合は、補助金が減額されます。
 備考2:対象園児について、保護者が補助対象期間中に実際に支払った入園料及び保育料の額が、補助限度額を下回る場合は、当該支払額を限度とします。
 備考3:制度の廃止
 平成27年度から実施されている、子ども・子育て支援新制度に加入した私立幼稚園については、保育料が市民税の課税状況及び世帯状況に応じて、あらかじめ決定されるようになるため、第3子以降園児保育料負担軽減補助制度は廃止となります。

申請方法と申請時期

 申請時期が到来したら、通園先の幼稚園から案内があるので、補助を希望される方は、申請書を期限までに幼稚園へ御提出ください。
 平成29年度の申請時期は、6月初旬です。
 提出された申請書は市教委で審査し、7月下旬までに幼稚園を通じて、申請者に認否を通知します。
 途中入園児については、随時申請を受け付けます。

補助金の交付方法

 補助金は3月下旬、徳島市から補助対象者の金融機関口座へ、直接振込により交付します。

国立幼稚園(鳴門教育大学附属幼稚園)に通園している場合

制度内容

 同一の保護者が現に養育している3人以上の児童(18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある者)のうち、その出生の順位が第3位以降となる幼稚園児の保育料及び入園料について、鳴門教育大学附属幼稚園の年額保育料及び入園料と同額を限度に補助します。
 備考1:途中入園及び途中退園や市外転出等の理由により、補助対象期間が1年間に満たない場合は、補助金が減額されます。
 備考2:対象園児について、保護者が補助対象期間中に実際に支払った入園料及び保育料の額が、補助限度額を下回る場合は、当該支払額を限度とします。

申請方法と申請時期

 申請時期が到来したら、通園先の幼稚園から案内があるので、補助を希望される方は、申請書を期限までに幼稚園へ御提出ください。
 平成29年度の申請時期は、6月初旬です。
 提出された申請書は市教委で審査し、7月下旬までに幼稚園を通じて、申請者に認否を通知します。
 途中入園児については、随時申請を受け付けます。

補助金の交付方法

 補助金は3月中旬、徳島市から補助対象者の金融機関口座へ、直接振込により交付します。

この内容に対する連絡先

学校教育課 学事係がくじがかり
 電話:088-621-5414
 FAX:088-624-2577

お問い合わせ

徳島市教育委員会 学校教育課 

〒770-8571 徳島県徳島市幸町2丁目5番地(本館11階)

電話番号:088-621-5412~5414・5430・5435

ファクス:088-624-2577

担当課にメールを送る

本文ここまで


ページの先頭へ
以下フッターです。

徳島市役所

〒770-8571 徳島県徳島市幸町2丁目5番地

電話:088-621-5111(代表) ファクス:088-654-2116

Copyright © Tokushima City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る