このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで


本文ここから

令和元年度 特定健康診査の結果

最終更新日:2021年4月1日

 特定健診を受けていただきありがとうございました

 徳島市国民健康保険加入者の受診対象者33,938人のうち、
 10,954人(32.2パーセント)が受診しました(令和元年)

徳島市国民健康保険加入者の令和元年度特定健康診査結果

受診者のうち、男性は約2人に1人、女性は約5人に1人が肥満です。

腹囲が男性85cm・女性90cm以上の割合の棒グラフ

 内臓脂肪蓄積(肥満)を表す腹囲が基準値以上の人は男性は約2人に1人、女性は約5人に1人が該当しています。

各検査項目で基準値より高かった人の割合の棒グラフ

 LDLコレステロール、血圧、ヘモグロビンエーワンシー(糖尿病の検査)が基準値以上の人はほぼ2人に1人が該当しています。

参考
検査項目 基準値
腹囲 男性85センチメートル未満 女性90センチメートル未満
中性脂肪 149ミリグラム毎デシリットル以下
HDLコレステロール 40ミリグラム毎デシリットル以上
LDLコレステロール 119ミリグラム毎デシリットル以下
収縮期血圧 129ミリメートルHg以下
拡張期血圧 80ミリメートルHg以下
血糖値 空腹時血糖が99ミリグラム毎デシリットル以下
または随時血糖が139ミリグラム毎デシリットル以下
ヘモグロビンエーワンシー 5.5パーセント(NGSP値)以下
尿酸値 7.0ミリグラム毎デシリットル以下

加齢にともなって糖尿病の危険が増加します。

ヘモグロビンエーワンシー数値が要指導・要治療になる割合の年代別棒グラフ

 糖尿病の指標になるヘモグロビンエーワンシーの数値で要指導・要治療になる割合は、加齢とともに増加する傾向があります。
 若いときから健診を受けて、生活習慣病の改善に取り組むことが大切です。

初めて受診した人は要指導となる割合が高い

平成28年度の要指導者率

初めて健診を受診した人の方が、継続受診した人より要指導になる割合が高いことがわかります。

この内容に対する連絡先

健康長寿課 特定保健指導担当
電話 088-621-5517
FAX 088-655-6560

お問い合わせ

健康長寿課

〒770-8571 徳島県徳島市幸町2丁目5番地(南館2階)

電話番号:088-621-5512・5517・5521・5523・5574

ファクス:088-655-6560

担当課にメールを送る

本文ここまで


ページの先頭へ
以下フッターです。

徳島市役所

〒770-8571 徳島県徳島市幸町2丁目5番地

電話:088-621-5111(代表) ファクス:088-654-2116

開庁時間:午前8時30分から午後5時まで(土曜・日曜・祝日・12月29日から翌年の1月3日までを除く)

注記:施設・部署によっては異なる場合があります。

Copyright © Tokushima City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る