このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで


本文ここから

RSウイルス感染症に注意しましょう

最終更新日:2016年4月1日

 RSウイルス感染症は、鼻や口から肺気道に感染するRSウイルスによる呼吸器感染症です。
 11月から1月の冬季に流行のピークがあり、初春まで続きます。徳島県内でRSウイルス感染症の患者が増えてきていますのでご注意ください。

RSウイルス感染症とは

 RSウイルス感染症は、鼻や口から肺気道に感染するRSウイルスによる呼吸器感染症です。
 出生後、最初の1年間で乳児の半数以上が感染し、3歳までにほぼ全員が感染します。一度かかっても、何度も感染します。

感染経路

 ウイルスが、鼻や喉の分泌物に排出され、分泌物が付いた手指や物を介して感染する接触感染や、咳やくしゃみによる飛沫感染が中心です。

症状

 潜伏期間は2日から8日です。
 咳、鼻水、発熱なのどの風邪のような症状が主です。乳幼児では、気管支炎や肺炎になり、喘鳴(ゼイゼイ、ヒューヒューといった呼吸音)や呼吸困難を起こすことがあります。重症化すると入院となる場合があります。
 低出生体重児や心臓や肺に基礎疾患があったり、免疫不全のある乳幼児は重症化するリスクが高いため、注意が必要です。
 また、高齢者においても、重症の気管支炎や肺炎を起こす原因となることがあります。

感染を予防するために

 接触感染を防ぐために外出後や食事前など、石けんを使いこまめに手洗いをしましょう。
 特に、重症化しやすい低出生体重児や心臓疾患などのある乳幼児がいる場合には、手洗い、うがい、咳エチケットをしっかりと行って感染を防ぎましょう。

関係リンク

お問い合わせ

保健センター

〒770-8053 徳島県徳島市沖浜東2丁目16番地

電話番号:088-656-0529~0532・0534・0540

ファクス:088-656-0514

担当課にメールを送る

本文ここまで


ページの先頭へ
以下フッターです。

徳島市役所

〒770-8571 徳島県徳島市幸町2丁目5番地

電話:088-621-5111(代表) ファクス:088-654-2116

Copyright © Tokushima City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る