とくしま市民遺産
袋井用水(ふくろいようすい)

  • 袋井用水の写真
  • 袋井用水の写真

(推薦者の声) 「私財を投げ打って完成させた用水」

 袋井用水は、元禄の頃、水不足に苦しんでいた周辺地域の農業用水を得るため、村の庄屋、楠藤吉左衛門が、私財を投げ打ち、難工事の末、水源地を発見しました。その後事業は子孫に引き継がれて用水は完成し、加茂名地区一帯をうるおしました。現在、一帯は公園となっており、毎年春になると見事な桜が咲き誇り、付近の住民の憩いの場となっています。

(所在地・アクセス)

  • 徳島市鮎喰町2丁目
  • 徳島市営バス上鮎喰行き「上鮎喰」下車すぐ