このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで


本文ここから

藩政時代の松並木

最終更新日:2016年4月1日

(推薦者の声) 「歴史ある並木、水面に写った景色が素晴らしい」

 藩政時代に、福島川から助任川の川岸に植えられていたといわれる松並木が、大岡川の住吉島側と、助任川沿いの中徳島河畔緑地に残されています。眉山や城山を遠景に、大岡川の水面に写った景色など、川と緑が調和した静かで落ち着いた美しい景観が見られます。

(所在地・アクセス)

  • 大岡川沿い
    徳島市住吉1丁目
    JR徳島駅より徒歩約15分
  • 助任川沿い
    中徳島町1丁目
    JR徳島駅より徒歩約15分

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。藩政時代の松並木マップ(Googleマップへリンク)(外部サイト)
とくしまの市民遺産を巡ろう 藩政時代の松並木

お問い合わせ

文化振興課 

〒770-8571 徳島県徳島市幸町2丁目5番地(本館9階)

電話番号:088-621-5178

ファクス:088-624-1281

担当課にメールを送る

本文ここまで


ページの先頭へ
以下フッターです。

徳島市役所

〒770-8571 徳島県徳島市幸町2丁目5番地

電話:088-621-5111(代表) ファクス:088-654-2116

Copyright © Tokushima City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る