このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで


本文ここから

福島橋の人柱伝説

最終更新日:2016年4月1日

福島橋の人柱伝説の写真

(推薦者の声) 「伝説の橋台は今も残されています」

 旧福島橋には人柱の伝説があります。建設当時、難工事がうまく行くようにと、工事を始める日に通りかかった、六部と呼ばれる僧に懇願したところ、六部は自ら犠牲となって人柱となり、棺に入ってから49日間鉦を打ち鳴らし、橋は立派に完成したと言い伝えられています。人柱が埋められたとされる石積の橋台は今も残され、福島橋の中ほどから見ることができます。

(所在地・アクセス)

 徳島市福島1丁目
 徳島市営バス沖洲・南海フェリー前行き「福島橋」下車すぐ

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。福島橋の人柱伝説マップ(Googleマップへリンク)(外部サイト)
とくしま市民遺産を巡ろう! 福島橋の人柱伝説

お問い合わせ

文化振興課 

〒770-8571 徳島県徳島市幸町2丁目5番地(本館9階)

電話番号:088-621-5178

ファクス:088-624-1281

担当課にメールを送る

本文ここまで


ページの先頭へ
以下フッターです。

徳島市役所

〒770-8571 徳島県徳島市幸町2丁目5番地

電話:088-621-5111(代表) ファクス:088-654-2116

Copyright © Tokushima City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る