このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで


本文ここから

そば米汁

最終更新日:2016年4月1日

そばを実のまま食べる珍しい郷土料理

 プチプチとした食感がおいしいそば米と、鶏肉やシイタケ、ニンジンなどの野菜がたっぷり入った「そば米汁」。もともとは祖谷地方の郷土食ですが、現在では徳島市をはじめ県全域で家庭料理として親しまれ、学校給食のメニューにもなっています。
 高い山に囲まれ稲作に適さない祖谷地方では、米に代わる食べ物として古くからそばが作られていました。そばの実をゆでて自然乾燥させ、殻を取り除いたのがそば米で、これを山鳥や山菜と一緒に煮て雑炊のようにしたものがそば米汁の由来とされます。また、源平の合戦に敗れ祖谷地方に隠れ住んだ平家の落ち武者たちが正月料理として作ったことに始まるともいわれています。
 そばを製粉せずに実のまま食べるのは全国的にも珍しく、関東地方出身の男性は「そば米がスーパーで売られているのに驚きました」と話していました。
 このように徳島独特の料理であるそば米汁は、農林水産省による「郷土料理百選」にも選定されています。

お問い合わせ

文化振興課 

〒770-8571 徳島県徳島市幸町2丁目5番地(本館9階)

電話番号:088-621-5178

ファクス:088-624-1281

担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

このページを見ている人はこんなページも見ています

施設情報

よくあるご質問

情報がみつからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

ページの先頭へ
以下フッターです。

徳島市役所

〒770-8571 徳島県徳島市幸町2丁目5番地

電話:088-621-5111(代表) ファクス:088-654-2116

Copyright © Tokushima City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る