このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで


本文ここから

四所神社の船だんじり

最終更新日:2016年4月1日

藩政時代の船大工たちの見事な技巧に注目

四所神社の地図画像

 福島小学校近くの四所(ししょ)神社で、10月27日と28日に秋祭りが行われ、地元の子どもたちなど多くの人で賑わいます。
 太鼓の音とともに繰り出してきたのは、美しい技巧がほどこされた船型のだんじり。これは、徳島藩主・蜂須賀公が参勤交代の際に乗り込んだ「御座船」を模したもので、太鼓の打ち方は、御座船が港に出入りする際の「御座船太鼓」を受け継いだものと言われています。
 神社のある福島・安宅一帯はかつて阿波水軍の本拠地で、水主(かこ)、船大工たちが住んでいました。船だんじりはこうした土地柄が育んだのです。
 神社を賛助する奉賛会の会長は、子どものころから船だんじりに関わってきた一人。「町のシンボルである船だんじりを大事に継承していくことが地域の繁栄につながる」と、文化伝承の大切さを地元の子どもたちに伝えているそうです。

お問い合わせ

文化振興課 

〒770-8571 徳島県徳島市幸町2丁目5番地(本館9階)

電話番号:088-621-5178

ファクス:088-624-1281

担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

このページを見ている人はこんなページも見ています

施設情報

よくあるご質問

情報がみつからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

ページの先頭へ
以下フッターです。

徳島市役所

〒770-8571 徳島県徳島市幸町2丁目5番地

電話:088-621-5111(代表) ファクス:088-654-2116

Copyright © Tokushima City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る