このページの先頭です
このページの本文へ移動

徳島市立 徳島城博物館
  • ご利用案内
  • 常設展示
  • 企画・特別展示
  • 催し物
  • 講座
サイトメニューここまで


本文ここから

伝統文化の和 人間国宝女流義太夫竹本駒之助公演会

最終更新日:2018年6月2日

伝統文化の和 人間国宝女流義太夫竹本駒之助公演会

開催日時

平成30年6月3日(日曜) 午後1時30分から午後3時

会場

徳島城博物館和室

内容

女流義太夫の第一人者・人間国宝竹本駒之助さんを迎えて、公演を行います。

プログラム

「生写朝顔話 宿屋より大井川の段」

曲目解説

 天保三(1832)年大坂稲荷社内芝居(いわゆる「文楽の芝居」)で人形浄瑠璃として初演。
 作者は「添削 耶麻田加々子」(初演番付)。
 司馬芝叟(浄瑠璃本・歌舞伎の作者。また講釈師)の長咄『蕣』、それに基づく読本『朝顔日記』や歌舞伎を原作としています。
 初演当初は「大井川」までの未完の物語でしたが、嘉永三(1850)年に通し本(いわゆる丸本)とする際に以降の物語が増補され、ようやく完成したものです。
「蛍狩」や「船別」など水辺の場面が多いことから、夏芝居の代表的な演目となっています。
 主人公の男女が運命に翻弄され、すれ違う悲恋の物語は、現代にも通じるラブストーリーとして、大変人気のある作品です。

出演

浄瑠璃=竹本駒之助
三味線=鶴澤津賀花
琴=鶴澤友輔

定員

100人(先着)
12:00から整理券を配布いたします。
整理券に記載されている番号順に会場に御案内いたします。

参加料

無料(ただし、入館料が必要です。)

お問い合わせ

徳島市立徳島城博物館

〒770-0851 徳島県徳島市徳島町城内1番地の8

電話番号:088-656-2525

ファクス:088-656-2466

担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

施設情報

よくある質問

情報がみつからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

ページの先頭へ
以下フッターです。

徳島城博物館

〒770-0851 徳島市徳島町城内1番地の8

電話:088-656-2525 ファクス:088-656-2466

Copyright © Tokushima City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る