このページの先頭です
このページの本文へ移動

徳島市立 徳島城博物館
  • ご利用案内
  • 常設展示
  • 企画・特別展示
  • 催し物
  • 講座
サイトメニューここまで


本文ここから

阿波銘茶紀行14―製茶機械発明の祖―

最終更新日:2018年4月8日

阿波銘茶紀行14―製茶機械発明の祖―

開催日時

平成30年5月6日(日曜) 13時30分から15時30分

内容

近年、茶の製造はIT化が進み、センサーやコンピュータ制御による大型機械で大量に生産されています。明治31年(1898年)「高林式茶葉揉機の特許取得から120年。手揉み製茶以外考えられなかった時代に、茶製造の各種機械を発明開発した「高林謙三」。その功績を辿りながら、手揉み仕上げ茶と高林式製茶機械で製造された徳島県産新茶を飲み比べます。

講師

黒橋 由加里(日本茶インストラクターリーダー) 

申し込み方法

はがきに「阿波銘茶紀行参加希望」と明記し、住所、名前、電話番号を書いて、徳島城博物館まで郵送ください。

応募期間 募集は終了しました

平成30年4月24日(火曜)まで。(当日必着)

定員

30人(応募者多数の場合には抽選となります)

参加費

無料。ただし、新規ウインドウで開きます。入館料が必要です。

お問い合わせ

徳島市立徳島城博物館

〒770-0851 徳島県徳島市徳島町城内1番地の8

電話番号:088-656-2525

ファクス:088-656-2466

担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

催し物

施設情報

よくある質問

情報がみつからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

ページの先頭へ
以下フッターです。

徳島城博物館

〒770-0851 徳島市徳島町城内1番地の8

電話:088-656-2525 ファクス:088-656-2466

Copyright © Tokushima City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る