このページの先頭です
このページの本文へ移動

徳島市立 徳島城博物館
  • ご利用案内
  • 常設展示
  • 企画・特別展示
  • 催し物
  • 講座
サイトメニューここまで


本文ここから

平成30年度 徳島歴史講座のお知らせ

最終更新日:2018年10月18日

華の肖像 ―四国の大名華族―

趣旨

 江戸時代、四国の各地を治めたお殿様。幕末維新を乗り越えたお殿様たちは、どのように新しい時代と向き合ったのでしょうか。
明治時代以降、お殿様たちは廃藩置県に伴い東京へ移ることとなります。文明開化の波に乗り、なかには蜂須賀茂韶のように海外に留学する人物もいました。その一方で、華族となってからも旧藩領と深い関係を持ち続け、人材育成、殖産興業などの面で地域振興を図ったのです。
明治150年を迎えた本年の講座では、四国各県の研究成果から、近代以降の四国の華族について探っていきます。

第1回目

[タイトル]「伯爵松平家と香川」
[日時]   平成30年12月2日(日曜日) 午後1時30分から午後3時
[講師]   野村美紀氏(香川県立ミュージアム専門学芸員)

第2回目

[タイトル]「近代山内家と高知」
[日時]   平成30年12月23日(日曜日) 午後1時30分から午後3時
[講師]   高木翔太氏(高知県立高知城歴史博物館学芸員)

第3回目

[タイトル]「東京行幸の先駆を賜った最後の大洲藩主 加藤泰秋」
[日時]   平成31年1月6日(日曜日) 午後1時30分から午後3時
[講師]   白石尚寛氏(大洲市教育委員会文化スポーツ課文化振興係長)

第4回目

[タイトル]「蜂須賀侯爵家の人々」
[日時]   平成31年1月13日(日曜日)  午後1時30分から午後3時
[講師]   小川裕久(当館係長・学芸員)

定員

80人程度(応募者多数の場合には抽選)

受講料

2000円

申し込み方法

郵送(はがきに「徳島歴史講座受講希望」と明記し、住所、名前、電話番号を記入してお申し込みください。)

募集締め切り

平成30年11月27日(火曜)(必着)

お問い合わせ

徳島市立徳島城博物館

〒770-0851 徳島県徳島市徳島町城内1番地の8

電話番号:088-656-2525

ファクス:088-656-2466

担当課にメールを送る

本文ここまで


ページの先頭へ
以下フッターです。

徳島城博物館

〒770-0851 徳島市徳島町城内1番地の8

電話:088-656-2525 ファクス:088-656-2466

Copyright © Tokushima City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る