このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで


本文ここから

救急活動

最終更新日:2017年4月1日

徳島市の救急業務の状況について

 昭和39年4月に運用が開始された徳島市の救急業務は、平成29年4月1日現在、市内2署・2分署・2出張所で合計7隊の救急隊により業務を実施しています。
 徳島市では、救急需要に適切に応えるために、平成4年4月から救急救命士を乗務させるとともに、高規格救急自動車、高度救命処置用救急資器材を整備するなど救急業務の充実強化を図っています。
 この救急隊は、救急救命士を含め救急資格を有した救急隊員により、傷病者の症状を的確に判断し、適切な救急処置と、傷病者に最適な医療機関に搬送しています。
 近年、救急業務を取り巻く環境は、少子高齢化、疾病構造の変化、市民ニーズの多様化等により、著しく変化しており、これに伴い救急救命士が行う救命処置の高度化に努めております。

平成28年救急統計

(1) 救急出動件数及び搬送人員

 平成28年の救急業務の概要は、出動件数11、481件、搬送人員10、411人で、1日平均31件、約46分に1回の割合で救急車が出動した計算となります。
 平成27年と比較すると出動件数は378件(3.40%)増加し、搬送人員は137人(1.33%)増加しています。

(2) 事故種別救急出動件数及び搬送人員

 救急出動件数を事故種別でみると、1番多いのは「急病」6,819件で全体の59.39%を占め、前年比0.02%の増加、2番目に多いのは「一般負傷」1,649件で全体の14.36%を占め、前年比0.27%の増加となっています。

事故種別救急出動件数及び搬送人員
事故種別 平成28年
出動件数
(搬送人員)
構成比
(%)
急病 6,819
(6,106)
59.39
(58.65)
交通事故 1,287
(1,291)
11.21
(12.40)
一般負傷 1,649
(1,532)
14.36
(14.72)
加害 50
(48)
0.44
(0.46)
労働災害 91
(90)
0.79
(0.86)
自損行為 111
(74)
0.97
(0.71)
運動競技 90
(89)
0.78
(0.85)
火災 16
(16)
0.14
(0.15)
水難 14
(10)
0.12
(0.10)
自然災害 4
(2)
0.03
(0.02)
その他 1,350
(1,153)
11.76
(11.07)
11,481
(10,411)
100.00
(100.00)

(3) 傷病程度別搬送人員

傷病程度別搬送人員の棒グラフ:死亡=153人,重症=1,021人,中等症=3,574人,軽症=5,529人,その他=1人,合計=10,278人

(4) 救急出動件数及び搬送人員の推移

過去10年間の救急活動状況

区分
出動件数 前年比
増減
前年比
増減
(%)
搬送人員 前年比
増減
前年比
増減
(%)
平成18年 9,397 337 3.7 9,061 383 4.4
平成19年 9,590 193 2.1 9,238 177 2.0
平成20年 9,355 -235 -2 8,840 -398 -4.3
平成21年 9,256 -99 -1 8,807 -33 -0.4
平成22年 9,866 610 7 9,297 490 5.6
平成23年 10,597 731 7 9,942 645 6.9
平成24年 10,852 255 3 10,200 258 2.6
平成25年 11,013 161 2 10,318 118 1.2
平成26年 11,067 54 0.5 10,278 -40 -0.4
平成27年 11,103 36 0.3 10,274 -4 -0.04

平成28年

11,481

378

3.4

10,411

137

1.3

救急出動件数及び搬送人員の推移のグラフ

救急車の適正利用

 救急車の出動が増えると、遠くの消防署や分署などから出動する場合があり、現場に到着するまでの時間が遅くなります。大切な命、救える命を救うために救急車の適正利用をお願いします。

≪救急車の正しい利用について≫

 1 救急車は、けがや急病などにより緊急に病院へ搬送しなければならない人に必要です。
 2 緊急性がなく自分で病院に行ける場合は、救急車以外の交通機関等を利用してください。
 3 急いで病院へ連れて行ったほうがよいと思ったときは、迷わず119番通報してください。

 御協力をお願いします。

救急救命士制度

 救急救命士制度はプレホスピタル・ケア(救急現場及び搬送途上における救急処置)の充実を図る目的のため、平成3年に創設されました。
 これにより心肺機能停止傷病者の救命率の向上と救急業務の高度化に大きな変革をもたらしました。
 救急救命士は、救急救命士法に基づき、心肺機能停止傷病者に対し医師の具体的な指示のもとに、特定行為と呼ばれる救命処置を行うことができます。
 救急救命士制度発足から20年余りが経過し、平成29年4月1日現在、徳島市では救急救命士の資格を有する消防職員29人が、日夜、救急活動に従事しております。

このページに対する連絡先

警防課
 電話:088-656-1192
 FAX:088-656-1202

お問い合わせ

消防局 警防課 

〒770-0855 徳島県徳島市新蔵町一丁目88番地

電話番号:088-656-1192

ファクス:088-656-1202

担当課にメールを送る

本文ここまで


ページの先頭へ
以下フッターです。

徳島市役所

〒770-8571 徳島県徳島市幸町2丁目5番地

電話:088-621-5111(代表) ファクス:088-654-2116

Copyright © Tokushima City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る