このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで


本文ここから

火気を取扱う屋台等を出店する際の火災予防について

最終更新日:2016年3月29日

火気を取扱う屋台等を出店する際の火災予防について

平成25年8月15日19時30分頃、京都府福知山市で開催された花火大会会場において、出店していた露天商店舗の火災により、多数の死傷者が発生しました。

 今後、このような悲惨な事故を起こさないためにも、主催者及び出店者等の関係者は、次の事項に留意のうえ、多数の観客等が参加する行事における火災予防に努めてください。
※注 一般のご家庭でも、ガソリン等の貯蔵・取扱い及びガスこんろ等の調理用器具の使用に際して十分注意してください。

ガソリン等の貯蔵・取扱いについて

1.燃料に使用される危険物のうち、ガソリンは引火点が約-40℃と低く、常温でも可燃性のガスが発生し、漏洩すると床面に沿って広範囲に拡大する特性から、離れた所にある火気、静電気等により容易に引火し火災になる危険性がありますので、十分注意してください。
2.ガソリンは、消防法令に適合した金属製容器等で貯蔵・取扱いを行ってください。また、保管する場合には、必要最低限の量とし、火気がなく直射日光の当たらない通気性の良い所で保管してください。
3.金属製容器等に入ったガソリンを発電機等に燃料補給する場合には、金属製容器等の開口前に圧力調整弁の操作を行い、漏れや溢れがないよう補給してください。また、その場合に発電機等の機器は、必ず使用を停止してから補給してください。

火気使用器具等の使用について

1.屋台等でガスこんろ等を使用する場合は、消火器を設置してください。
2.ガスこんろ等の周囲には、可燃物等の燃えやすいものは撤去し整理整頓してください。
3.ガス漏れを防止するためゴムホース等は器具との接続部分をホースバンド等で締めつけるとともに、適正な長さで取り付け、ひび割れ等の劣化がないか点検を行ってください。
4.プロパンガスボンベを使用する場合は、直射日光の当たらない通気性の良い場所に設置し、転倒しないよう鎖等で固定してください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない人は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

消防局 予防課 

〒770-0855 徳島県徳島市新蔵町一丁目88番地 消防局3階

電話番号:088-656-1193

ファクス:088-656-1201

担当課にメールを送る

本文ここまで


ページの先頭へ
以下フッターです。

徳島市役所

〒770-8571 徳島県徳島市幸町2丁目5番地

電話:088-621-5111(代表) ファクス:088-654-2116

Copyright © Tokushima City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る